ウェディングプランナーになる|資格を取ろう!

プランナーになる方法

カップル

必要なこと

ウェディングプランナーになるためには、実際には資格や学歴よりも、経験を優先されます。しかし全くその知識を持たずに、結婚式場で働きはじめてもなれるものではありません。現在ウェディングプランナー業界は、目指す人が多いため、非常に狭き門になっています。そのため大学で学んだり、専門学校で学んだり、養成スクールに通う人が増えています。また国家資格ではありませんが、ブライダルプランナー検定1級、2級といった資格もあります。この資格を勉強すると、ウェディングプランナーの基本的な知識を身に付けることができます。また実務経験なしで取れる資格なため、ウェディングプランナーを目指す人はぜひ取ってみると良いでしょう。

仕事内容

ウェディングプランナーは、結婚式のトータルプロデューサーです。結婚式で主に決めることは、日取りや予算、衣装など多岐に渡ります。それをお客様から一つ一つ聞き出し、お客様の要望に応えられるよう全力にサポートするのです。また見学に訪れているカップルに、自分たちの式場の魅力を紹介する営業も、同時に行います。普通のカップルは、いくつか結婚式場をまわり、その上でどこにするかを決めることが多いのです。そのため見学の時点で、どれだけお客様に気に入ってもらえるかが非常に重要です。勤務先はホテル、結婚式場、レストランなど様々ですが、それぞれ魅力が違います。自分はどの勤務先に憧れているのか、具体的にイメージして目指すと良いでしょう。

Copyright © 2016 ウェディングプランナーになる|資格を取ろう! All Rights Reserved.