ウェディングプランナーになる|資格を取ろう!

結婚のサポートをする仕事

女の人

ウェディングプランナーになるには、資格は必ず必要なものではないですが、あったほうがクライアントが安心出来たり信頼感が高まると言われています。独学よりも現場に近い環境で学ぶことが出来て就職や転職にも有利であるため、通信講座を受けたり通学すると良いと言えます。

もっと知ろう

プランナーになる方法

カップル

ウェディングプランナーになるために、特に資格は必要ではありません。しかし自分の知識を増やす目的として、ブライダルプランナー検定1級2級を目指すのも良いでしょう。仕事内容は、結婚式のトータルプロデュースです。勤務先も様々なため、自分がどうなりたいかをしっかりイメージすることが大切です。

もっと知ろう

スクールに通いましょう

手をつなぐ人

ウェディングプランナーになるために、持っていると便利なのが資格です。資格を取得するためには、ウェディングに関する知識を高めなければなりません。色々なスクールがありますから、自分に合ったスクールを見つけるようにしましょう。

もっと知ろう

結婚式の専門家になる

花嫁

幸せの瞬間を演出する

個性を大事にする世相を反映して、最近では結婚式においても非常にバラエティ豊かな演出が行われるようになってきています。ドライアイスや花火を使って雰囲気を盛り上げたり、著名な歌手をゲストに呼んでウェディングソングを歌ってもらったり、果てはテーマパークを借り切って披露宴会場にするなど、その内容は多種多様です。こうした演出に必要な諸準備は、もちろん新郎新婦が直接行うわけではありません。たいていの場合はウェディングプランナーという、結婚式場やウェディングプロデュース会社に所属する専門職が担当します。人生における晴れの日を演出するという華やかなイメージから、ウェディングプランナーは人気の職業となっています。映画やテレビなどでたびたび取り上げられたことも人気の一因となっています。

競争率の高い人気の職業

ウェディングプランナーになるために特別な資格は必要なく、結婚式場等に就職すれば誰でも目指すことができます。ただ注意が必要なのは先にも述べたとおり非常に人気が高い職種であるため、求人に対する応募は常にかなりの高倍率であるということです。そのため、就職を希望する人の大半は専門学校等で基礎を学び、何らかの資格を取得してから採用試験に臨むというコースを選択しています。ウェディングプランナーに関する資格は複数の業界団体が独自に認定を行っています。受験資格もまちまちですが、指定された学校で学ぶと自動的に受験できるケースもあります。試験に合格するには、基本的なマナーから服飾や料理等に関するエチケットまで幅広い知識が求められます。

Copyright © 2016 ウェディングプランナーになる|資格を取ろう! All Rights Reserved.